2011年 09月 10日 ( 1 )

ツインズ出産武勇伝

退院し、母の力も借りて何とか日々過ごしています。

ツインズも寝ているし、

姉妹は夫と出かけたので、

忘れないうちにツインズ出産までの出来事を書きます。

8/29(誘発分娩一日目)

朝からLDRに入り、誘発分娩が始まりました。

この日は子宮口を柔らかくする目的の内服薬を

一時間に一錠内服しました。

LDRのベットの上で一日フルモニターです。

たぶんこの日は生まれないだろうという予想で、夫は仕事に行ってもらいました。

スミノとチヨはいつも通り幼稚園に行ってもらい、

生まれたら病院へ母が連れてきてくれることになってて、

母とLDRで話をしながらも、お腹の張りとともにだんだん痛みを伴ってきて、

汗だくでしたが、6錠飲み終えて終了。

先生の診察で、子宮口を広げる処置があるかも~との話でしたが、

しなくても大丈夫と診断され、この日は部屋に戻り就寝。



8/30(誘発分娩二日目)

朝からLDRへ。

先生の内診で子宮口は2・5センチで柔らかくなっているから、

バルーンを入れて子宮口を広げる処置はなし。

しかし、ベット(分娩台)の上で私妊娠性低血圧症をおこし、

意識を失いそうになりました。

それでツインズの弟君(ヨシヒロ)の心拍数が下がり、

戻るまで一時間遅れての陣痛促進剤スタートになりました。

この日は夫も、義両親も、母も来てくれました。

少し前に促進剤を使用する際のガイドラインが変わったらしく、

30分に一回点滴量をあげていくことになったらしく、

私の陣痛の波もゆっくりでした。

1~2分間隔の大きな陣痛の波が来るものの、痛みがまだまだって感じで、

規定量まで使用してこの日も終了。

子宮口は4センチまで開きましたが、一晩休んで仕切り直しに。


8/31(誘発分娩3日目)

朝からLDRへ。

朝の診察で子宮口は4センチ。

前日と同じ方法で促進剤の点滴が始まりました。

最初いい感じで痛みもついてきたのですが、

点滴量が上がるたび、痛みの強さは変わらない感じになってきて、

担当助産師さんもフットバスやツボ押しとかまでしてくれたり、

アロマを炊いてくれたり、私が持参したCDかけてくれたり、

色んなことをしてくれました。

規定量まで行ったあと、人口破膜の話が出て、

先生が診察しましたが、5センチまで開いてるけど、

破膜するまで赤ちゃんが下がっていないことから、

明日またトライしましょう!と言われました。

私的には、もう気持ち的に限界で、

この日どうしても産みたかった気持ちもあり、

このまま続けても、明日生まれるって保証もないし、

帝王切開で産みたいとで気持ちが動き始め、

夫にその思いを話すと、最初戸惑っている感じはありましたが、

私が納得するならと思いを汲んでくれました。

義両親、母には夫から伝えてもらい、

先生や助産師さんにも思いを伝え、トントントンと緊急帝王切開の準備が始まりました。

不思議なことに促進剤の点滴やめたら、

お腹の張りはシーーーーーンとし、ツインズにも私の思いは伝わったのかな?と言う感じでした。

先生に手術の説明を受けているとき、

助産師さんが、私のお腹をなでていてくれたのですが、

しーんとしていたツインズ、ぽこっとお腹をキックしてきました。

まるで、お母さん大丈夫だよと励ましてくれているようで泣けました。

夫や義両親に見送られて、私はストレッチャーで夕方5時ころ手術室へ。

姉妹は母と家で待機で、生まれるころに病院に着いたようです。

手術室では、ミスチルの『HOME』をかけてもらってました。

執刀医の先生や麻酔科の先生、それから助産師さん2名が

「〇〇〇さんがんばりましょうね」

と話しかけてくれるたび、泣けました。

夕方6時2分、兄ダイキ誕生。

元気な泣き声が手術室に響き、どーーーーーっと涙があふれました。

2分後6時4分、弟ヨシヒロ誕生。

こちらも元気な泣き声で安心しました。

すぐに顔を見せてくれて、

処置が終わった後、すぐ助産師さんが私の所に連れてきてくれました。

「ほら~ママにチュ」

と私のほっぺたにあたたかいほっぺたがふれました。

カメラもお願いしてたので、その瞬間も撮ってもらいました。
d0163567_13302093.jpg

あああ、幸せだ~と大感動でした。

その後、私の出血が多く、処置に時間がかかり、

吐き気を催したり、息苦しくなり酸素通されたりしたけど、

無事手術終了。

ミスチルはリピートして2回目が終わろうとしてました。

先生が

「じゃ次はスガシカオで」

なんて私のCDケース見て言ってたけど、

こうしてツインズは外の世界にやって来ました。

私の思いを汲んでくれた病院のスタッフや先生。

休み返上して出てきてくれた担当助産師のKさん。

夫をはじめとする家族のみんな、本当に感謝感謝です。

最後の出産は大満足、大感動でした。

これから、ツインズを大事に育てていかなくてはいけないし、

大変なこともあるだろうけど、

この日のことを忘れないで過ごしていきたいと思います。

自分的には体重を戻さないとーーーーー。

あと6キロ落とさなくては....。

戻るのか?このお腹..。
[PR]

by xxxmakkixxx | 2011-09-10 13:34 | 出産~病院生活