2011年 08月 03日 ( 2 )

入院生活二十八日目

今朝、巡回で来る看護師さんに、
主治医の先生の話しの話題になり、
自分の分娩方法についての考えを話しました。
ウンウン…と話し聞いてくださり、
「晴々とした○○○さんの顔、久々見ました」
と言われました。

モニターの様子も二度程張りはあったけど大丈夫で、
今日もせっせと編み物して過ごしたりしてたら、
友達が面会に来ました。
一年だけ一緒に働いた保育士時代の同僚。
今は遠方に住んでいるから、久々に会いました。
彼女も二卵性の男女の双子のママで、もう三年生になります。

壮絶な管理入院や、帝王切開の話を聞いて、かなりビビりました(>_<)
双子ならではのシビアなお金の話しまで、
彼女の独特のトークが炸裂しとりました(^O^)
遠方からわざわざ足を運んでくれて、いきなり登場するあたり、
彼女らしいな〜と思いました。

今日は子供らも夫も面会なしです。

さてと、編み物の続きでもやろうかな〜〜(^O^)
[PR]

by xxxmakkixxx | 2011-08-03 19:16 | 妊婦生活

今の私の気持ち日記

昨晩、消灯時間まで編み物してたら、

「○○○さ〜ん」

と、突然主治医の先生が現れました。

この先生、先月一ヶ月間アフリカのナイジェリアに産婦人科医として行ってた先生で、
先日帰国して病院に戻って来ました。

ナイジェリア行きを自ら志願していたらしく、声がかかった世界各国の産婦人科医有志と供に日本を旅立ったそうです。

何故先生が、私の所にやってきたかと言うと……
分娩方法の話しをする為でした。

私が助産婦さんに、先生と話ししたいと言ってたので、声をかけてくれたんですね(^^ゞ
入院してると、主治医の先生と中々会えないんです。
産婦人科って忙しいからね。


先生が言ってたのは…
ただ今33週。
母体と赤ちゃんの状態がよければ、自然でも帝王切開でも36〜37週の間での出産になる。
自然分娩の場合、逆子でも、一人生まれるとお腹にスペースが出来る為、
頭位に回転し生まれる可能性もあり、そのように導きながら出産になる。

ただし、うまく下りて来れない場合はリスクを考え、
一人産んだ後の二人目緊急帝王切開になる。
頭位×頭位ならば、そのようなリスクはさらに低い状態での出産になるし、
私は二卵性で胎盤も二つあり
それぞれの赤ちゃんが一つのお部屋にいる為
一卵性より自然分娩に対するリスクは低い。

帝王切開ならば、母体にかかる負担が大きくなる。
次の妊娠出産の際も、母体のリスク(子宮破裂など)を考慮し、
帝王切開になることが多い。
産後の回復も自然分娩に比べると時間がかかる。

遅くても35週くらいまでには分娩方法を決めましょうとのことでした。

今まで他の先生や助産師さんからも聞いていた説明なので、良く分かりました。


ナイジェリアは多児妊婦が多く、妊婦検診も日本ほど綿密ではないらしいです。

一人の母親が出産する回数も平均10回程な為、帝王切開はほとんどないそうです。

何故かと言うと、
一度帝王切開すれば、子宮破裂などのリスクを伴うからだそうです。
そうなると、自然分娩がほとんどになるのだが、
妊娠中に何らかのトラブルやリスクを抱えている場合、死産になることがほとんどなのだそうです。

それに気がつかず、出産を迎えることが多いそうです。
(双子だと思ったら三つ子だったり…とかも)

医療の発達している日本は検診でそのようにならないように、綿密に経過を観察し、
予防しながらの出産になるけれど、
そうではない国もあることを先生の話し聞いて実感しました。

先生と話した中で、今私の中では、逆子が治らないならば帝王切開で産もうかなという風に考えが変わりつつあります。

自然分娩の陣痛は相当痛く、双子の場合は一人目を産んだ後も出産は終わった訳ではなく、
まだ陣痛がある中、そしてヘトヘトの中、緊急帝王切開になるとしたら…
手術室までの移動を含め準備もあるし、
その間に赤ちゃんに何かあったら…

帝王切開だって100%安全かと言われたらそうではない。

双子だし、スミノやチヨもいるから産後のお世話のことも考えると、回復早い自然分娩で行きたいのは山々だ。
だけど、もし赤ちゃんに何かあったらどうする??
自分の体の回復は、時間が経てばどうにかなるけど、
赤ちゃんに何かあったら…悔やんでも悔やみきれない。

だったら、今のまま弟君の逆子が治らないならば、私は帝王切開で産もうかなと思う。

この病院でも二人目が逆子だけど自然分娩で産んだ人もいるらしいから、
その可能性にかけてもいいのかも知れない。だけど私にはその勇気はなく決断も出来ない。

もちろん頭位×頭位になるならば、自然分娩で行きます!!と言うと思うけどφ(.. )

ツインズ君達がどっちで生まれて来たいのか、
どっちだと私にとってもツインズ君にとっても良いのか、
お腹の中からきっと教えてくれているんだな、と思うことにしました。

最終決断の35週くらいまで、経過を診て行きながら決めよう!!と思いながら昨晩は眠りにつきました。

私はこれが本〜当に最後のお産です。

だから後から、自分にとっても、家族にとってもいいお産だったね〜って思えるように後悔はしたくないのです。
その決意表明として、日記に残しておきますp(^^)q
どうしよ、どうしよ…と迷っていた自分の気持ちも少し整理つきました。
あとは、残りの妊婦生活を
このおっきなお腹を
貴重な二人分の胎動を病室で楽しみたいと思います!!

さ、朝ごはんだ〜(^O^)
今日も一日頑張ろう!!
[PR]

by xxxmakkixxx | 2011-08-03 08:00 | 妊婦生活