そういえば

夏休み中私の実家に帰省していた時、

地元の歩行者天国でスミノがつった出目金が

少し前に、天国へと行ってしまったようです。

子どもらに話すと、

チヨはいまいち実感ない感じでしたが、

スミノは

「え?そうなんだ」

と、びっくりしてる感じはあったけど、特にそれだけみたいな感じだったから、

...これはいかがなものか、と思い

少しお話してみた。

どんなに小さな生き物でも、飼うってことはいつかは死んでしまうこと。

何でも簡単に飼うことはできないんだということ。

金魚やクワガタ死んでしまっていやじゃないの?悲しくないの?と聞くと

「いやだ。かなしい」

と言う。

なら、今度また金魚すくいすることあったら、どうする?やる?

とスミノに聞くと、考えた末

「やらない」

と言う。

しぶしぶ、私に気を使って我慢しての一言だって分かっているけど、

金魚すくいはしばらくやらないということで約束したのです。

そんな出来事があっての、先日のお祭り。

もちろん金魚すくいの出店はあり、スミノは立ち止まって一言

「やりたいな...」

とポツリと言ってましたが、約束したもんねと言うと我慢してくれました。

しかし、先日の私とスミノのやりとりをあまり理解してないチヨは

金魚すくい発見すると、

「きんぎょーー やるー。やりたいの~。」

と、なかなかその場所から離れてくれなくて、

「きんぎょはやらないってことになったの~!」

と、私が抱えて撤収したのでした。

水槽とかも一応我が家にあるんだけどね。

今後使うことはあるかな~二人がもっと大きくなってからかな~。
[PR]

by xxxmakkixxx | 2010-09-12 22:26 | こども